メグ引退か

怪我で所属チームを長期離脱→移籍を繰り返してきたプリンセスメグこと栗原恵が、ここで遂に引退だそうな。思えばメグカナ世代とか騒がれたのが20年も前のこと。それが34歳の今日まで現役でいたこと自体が凄い。

初めて生メグ観戦(注1)となったVリーグの試合、サービスエースで連続12得点(だったかな?)を目にして以来ずっと応援してきた。

Canon EOS D30 (90mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO400)
あえてこういうシーンを狙った訳ではアリマセン

これは2006年、東京体育館で日韓上位2チームがクロス対戦した時のそれ = メグ様いちばん脂がのっていた時期。だがその後なかなか安定した活動ができなくなっていったのは、怪我だけが理由ではないと思う。

未だ企業依存から抜け出せないでいるVリーグ。メグがエースとして君臨したパイオニア・レッドウイングスも、その数年後には消滅してしまったし。そして更には日本人に不利な現行ルール。これらの陰で夢半ばにしてコートを去っていった多くの選手がいた事を忘れてはならない。

ただ、日本における女子バレーボール選手の引退ほとアテにならないものもない(注2)。メグの場合現役続行は難しいかもしれんが、全日本のコーチとかになったら今の女子監督よりもゼッタイ受ける。今はそれに期待するとしましょう。

注1: 実は大友愛見たさで買ったチケットだったがその御本人がご懐妊で欠場というトホホから

注2: 「これで何度めの引退ですか?」な例がとっても多い業界、いや世界