Arduino IDE 1.6 + 1.7 = 1.8

ちょっとした恥ずべき不注意でWin10をぶっ飛ばしてしまった。そこでやむなく出荷時の状態に戻して再設定、お陰で動作が見違えるように軽くなったのはいいが、これで週末丸潰れ(涙)。

さてその途上でArduino.ccから最新のIDEを、と思ったらバージョンが「1.8.1」とある。一瞬「?」となった後「おーっと、これが和解の結果かー!」と理解し、早速インストール。そして起動後、ボードマネージャから更新をしたら一覧にM0とかzeroとかが出る様になった。メデタシメデタシ!

だがやはり、ここまでの約2年間は勿体なかったなー。中でも当時出たばかりのzeroが、分裂騒動の渦中で放置された様な格好になってしまったのが痛かった。これを機に利用者が増え、未解決なままのstandbyとか割り込みとかの情報が流れてくるのに期待している ← 完全に人頼み(恥)。