ネジ巻く手間さえ楽しかったアレ

昨日、何ヶ月ぶりかに家の中の掃除をしていて強くハタキを振ったら、居間の棚で何かがコロンと倒れた。それが何かはすぐにわかったが、手にしてみるとこれが永年の埃とヤニとでベトベト。「悪いことしたなあ」と思いつつ台所へ持っていって磨いてやったら、すぐに昔日の色艶を取り戻した。それがこれ。

Canon EOS 6D (24mm, f/8, 1/60 sec, ISO6400)

 

小さなオレンジ色の箱。商品名とメーカー名が如何にもな感じで印刷されているので、わかる人にはわかるだろう。わからない人にはヒント、右にネジがある。

 

Canon EOS 6D (24mm, f/8, 1/45 sec, ISO6400)

反対側、テプラが2枚貼付されている。どうやら上は楽器の、下は持ち主の名前のようだ。これは一体何なのか?  では蓋を開けてみよう。

という訳で、正解はWittnerのメトロノーム!  悲しいかな今や外から拭いたぐらいじゃ駄目そうで、ネジを巻いてもすぐ止まってしまう。だが元気な頃のこいつは、そこらの時計よりも正確に拍を刻んでくれたもんだ。これを購入したのは70年代末、場所は横浜のヤマハ。¥5,000ぐらい払って帰宅、その後これ聴きながら寝た記憶が。

なんでこんな物を持っていたのか?   それは、当時こいつが個人練習の際の指揮者だったから。最初はゆっくり、そして徐々に速く。嗚呼、なんて真摯でひたむきだったのでしょう、あの頃の持ち主!

時は流れ、今やメトロノームもデジタルな時代だ。楽器屋にはこれより安くてコンパクトで、更にはこれより多機能で使い易いのがたくさん並んでいる。が、驚くなかれその隣で今もこれが売られているのをご存知だろうか?  俺も一瞬目を疑ったが正にあのままで、しかも色とかサイズとかのバリエイションが増えている。俺もピンクの可愛いのを目にして、うっかり買いそうになった。これって、未だに需要があるって事か?  と驚いた。

もしかすると、そういうの知らなかったの俺だけかも。これ、修理したらまた正確な4分音符を刻んでくれるんだろか?