これぞグランド・キャニオン!

ここでも書いたが、カンゼルとシンシナティ・ポップスの「大峡谷」は演奏も録音もイイ。CDで買ったのはずいぶん前だが、ひょんな事から先日これを出先で聴く事になった。すると同席していたある人がそのジャケットを手に「この CAUTION! DIGITAL THUNDERSTORMって?」と聞いてきた。そんな注意書きがあったとは俺自身知らなかったので、同じ組み合わせの「1812年」にあった「音溝の振幅が激しいから再生装置に気をつけろ」みたいなもんだろうと応えた。

ところがよくよくジャケットの裏を見ると、いちばん最後のトラックに「Cloudburst (with thunderstorm effects)」なる表記が。は?  何だこりゃ???  と思って聞いていたら、なんと終曲だけがもう1トラックあって、そこではサンダーシートでなく本物の雷鳴が使われているではないか!  知らなかったー!!  しかもこっちの方がずっと派手で面白いし!!!

Canon EOS 6D (90mm, f/11, 1/180 sec, ISO2000)

終曲「Cloudburst」はppで始まるがその時間が結構長い。なのでこれまでいつも俺は、その前で終わったものと思って再生を停止していたのである。ここがウリのCDなのに、アホとしか言いようがない。ジャケットよく読め > 己。

という訳でこれはオススメ … と言いたいところだがどうやらこれ、いまや中古でしか手に入らない模様。どこかで目にしたら躊躇なくお買い求めを。

# そのエリック・カンゼルも既に死んでるし