暗いと不平を言うよりも、すすんで灯りをつけましょう

この言葉を、子供の頃にラジオで毎日耳にした。それが朝だったか夜だったか定かでないが、その度にとても清々しい気分になったのをよく覚えている。確かカトリック系の番組で、ベートーヴェンの「田園」から始まる5分かそこらの帯番組だったと思う。俺はクリスチャンではないが、以来この言葉はずっと胸の中にのこった。そんな事をふと思い出し、YouTubeで探してみたら見つかった。

番組名は「ルーテルアワー 心のともしび」。ところがその冒頭、神父の口から語られたのは「心に愛がなければ、どんなに美しい言葉も相手の胸に響かない」。「アレっ、これ!?」と思いながら最後まで聞いてみたが、ついに「暗いと不平 …」は聞けなかった。この番組も言葉もよく覚えているが、どうやらこれではない。するとあれは???

そこで更に調べてみたところ、それは「太陽のほほえみ」という上記「心のともしび」の姉妹番組だった。同じく5分の帯番組で、放送時間帯もほぼ同じ。このふたつが俺の記憶の中でゴッチャになっていたのだ。そしてこれもYouTubeにあったので聞いてみたが、軽快なテーマ曲が鳴り出すとあの頃の記憶が鮮明に蘇った。そして何十年ぶりかであの言葉を聞くことができ、胸のつかえもとれてホッとした。

さてその「太陽のほほえみ」はとうの昔に放送を終了していたが、なんと「心のともしび」はニッポン放送で今でも放送されているという(!)。早速聞いてみようかと思ったが、やはりこういうのはRadikoとかじゃダメだ。今度、非常袋の中から手回しラジオを取り出して、放送開始前にギリギリ巻いておくことにしよう。

# アー、でもベランダに出なきゃAM受信できないんだよなー …