極私的ミラーレス予想

最近、コンデジに代わってコンパクトミラーレス一眼が人気らしい。CMもよく見るし、行楽地でもちょくちょくみかける。が、俺の場合そこに「なんで?」という疑問が常についてまわる。「それならコンデジで充分だったんじゃないの? 」という意味でである。コンデジより嵩張り、コンデジより高価なミラーレスがなんで今ブームなのか?

ミラーレスとは文字通り「ミラーがない」の意。だがそれは光学ファインダーを有する一眼レフに対しての話であって、それをいうならコンデジ全てミラーレスである。だがどうやら「一眼レフのようにレンズ交換ができる」のがミラーレスと呼ばれるらしく、それができない旧来のコンデジはミラーがなくてもそう呼んで貰えないらしい(ヤヤコシイ)。

じゃあそのミラーレスを、たった1本のレンズのみで使い通したら?  はい、それはコンデジと変わりません。無論「一眼」と銘打つ以上「写り」に関してはコンデジ以上という差別化を図ってはいるんだろうが、一体どれだけの人がそこに拘るのか?

恐らくこれは無意味な高画素化競争の末にオワコン間近なコンデジ市場に見切りをつけ、スマホ以上の画質を売りに新たなクラスで挽回を、と目論むメーカーの戦略。無論それが悪い事とは思わないが、このブームはそう長続きしないと思う。なぜなら、遠からずコンデジには(そしてスマホにも)なかったレンズの出っ張りを「邪魔」と感じるユーザ(特に女性)が増えてくるに決まっているから。

# そのうち「レンズ一体型ミラーレス」なんてのが出てきたら笑える

一方、コンパクトでないミラーレスがここ数年のうちに一眼の主流になるという予想もあるとか。そりゃ液晶が光学ファインダーの代替としてプロの現場で通用するなら、コスト&サイズダウンのためにもそれ、アリかなという気はする。が、肝心なレンズの小型・軽量化がこれに伴わなければ無意味だろう。なにしろ最近の高性能レンズはどれもデカくて重くて、そしてベラボウに高い。

ちなみに一眼レフのミラーは非常に高い加工技術を要するところで、そここそが日本が世界でトップたる所以という。それをなくしちまったら、どこで勝負するんだろう?

という訳で、俺がミラーレスに手を出す事は「今のところ当分なさそう」。以上。