フィンランディアの夏

一昨日は恒例の「ナカザワ・キネン」夏の演奏会へ。今回のメインはシベリウスの交響詩「フィンランディア」。むろんブラス編だが、生でこれを聴くのは自らステージでこれを演った時以来なので実にxx年ぶり。その最初の一音がホールに響いた時、俺の中に去来したのはあの頃のこと。

それは俺が中学生になって間もないある日の事、朝刊の社会面に「日フィル、解散か!?」風な見出しが踊った。日フィル=当時の日本フィルハーモニー交響楽団である。都市部の楽界とは無縁な筈の田舎のガキ(=当時の俺)が、その報道に「え!?」と反応したのには理由がある。それは、俺が小学5年生の時親にねだって買って貰ったお気に入りのレコードにクレジットされていたのが、他ならぬ日本フィルハーモニー交響楽団の名前だったからだ。

ある日小学校で音楽の時間に聴いた「おもちゃシンフォニー」が気に入り、担任にその商品名を聞きメモして帰った。そして数日後それを帰宅した父からハイと手渡された時以来、併録3曲共々これをいったい幾度繰り返し聞いたことか。それがいきなり「解散」と聞き、とても悲しい気分になったもんだった。

だがそこは所詮チューボー。新しい世界での新しい仲間らとの生活の楽しさの前にそんな騒ぎもいつしか意識の隅においやられ、更にはラジオから聞こえてくる洋楽にハマっていって、いつしか日フィルの事などすっかり忘れてしまっていた。

それを思い出したのはその6年後、進学で神奈川県民となり大学のオケでチェロを弾かせて貰うようになってから。そしてちょうど今頃だったと思う。横浜で渡邉暁雄と日フィルによるシベリウスの2番が聴けると知り、すぐにチケットを購入した。

そして当日、県民ホールで前の方に着座した俺は一曲目の「ウィリアム・テル序曲」から既に金縛りにあってしまっていた。恐らくそれは、奏者という立場になってから初の演奏会だったからだと思う。またそれは「やっぱプロはすげえなー!」という畏怖と「もう後戻りのできないところに自分はいるのだ」という覚悟を自らに強要する瞬間でもあった(オーバーかな?)。

そんな面倒な思いからようやく落ち着きを取り戻したのは、2曲めのチャイPから。そしてメインのシベ2まで、それはもう「一音たりとも聞き逃すまい」なノリで全身を耳にしていた。なので最後のタクトが降りて渡邉暁雄さんがこちらを向いた時は、心から拍手したもんだ …

と、ここまでなら普通の演奏会。だが凄かったのはそこから。なんとここで日フィルはアンコールに応え「フィンランディア」を演奏したのである。好きな曲だったし、これは刺さった。そして「闘うオーケストラ・日フィル」の勇姿を再認識。恐らくあの日、俺と同じ気持ちであの場にいた人は多かったと思う。

ただこの「日フィル争議」の真の意味とか意義とか、それら全てを理解できたのは、ようやく俺自身が社会に出て自活するようになってから。その時、既にあの報道から10年が過ぎていた。忸怩たる思いと時間の重み、それらを感じ入るたびあの「フィンランデイア」が心の中、遠くの方から響いてきた。

そんな思い出の数々が脳裏を駆け巡ったひと時だった。素晴らしい演奏でこのオッサンをあの多感な頃まで導いてくれた、野庭高校吹奏楽団OBの面々に心から「ありがとう」と言いたい。