ふたつの昭和

暑かった昨日から一転、冷たい雨の渋谷。まず向かったのは、小学校の修学旅行以来のNHK放送センター。お目当てはこれ。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO500)
いつかここでビーフシチューを注文するのが俺の夢だった。
Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO320)
僅か数秒のシーンのために作られたのであろう、架空のポスター。俺だったらここに「総天然色」と入れるところ。
Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/2.5, 1/160 sec, ISO200)
この角度から俯瞰すると建物に見えるのが、実はマッチ箱やらカセットテープやら。あの頃への想いが伝わってくる。
このセンスに脱帽。

そして腹ごしらえ。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/2.5, 1/640 sec, ISO200)

次に訪れたのが岡本太郎記念館。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO1600)

企画展「太陽の塔 1967-2018」が始まったばかりで、平日にも関わらず多くの人が訪れていた。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/2.5, 1/60 sec, ISO1600)
ここを歩く自分の姿が目に浮かぶ。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/50 sec, ISO1600)

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/40 sec, ISO1600)
フレアが却って「らしさ」を醸し出すこともある

みね子はその後家族揃って万博見に行ったかも、そしてどこかで俺とすれ違ってたかも、なんて妄想に耽ったりも。

その後、青山通りに出て「こどもの樹」へ。こどもの城は既に数年前に閉館していて、こどもの樹もその今後は未定という。カナシイ。

EXPO’70と「太陽の塔」への思い入れは誰にも負けない俺。それについてはまた。