なんでいまさらXMLなのよ

ここ暫く、連日こう呟き嘆き続けているワタクシ。改めて説明するまでもないが俺は、いや俺もXMLが昔から嫌いである。なのに今のミッションときたらデータをそのXMLとして生成(!)し、更にはそれをファイルにして(!!)他社謹製のシステムに送りつけよという最低な内容。こんなもんHTTPでPOSTしてやりゃ済む筈のところだ。どこの誰がこんなヘタレな設計したのか知らんが、受け側がそれで作られてしまった以上ヤメロとも言えない。やむなく鼻つまんで書き始めたが、カネの為とはいえこれほど楽しくない仕事も初めてだ。

ただPythonには、辞書型をXMLに一発変換してくれるキラーモジュールがある。これを使えばチョチョイでしょうと思った … が、それはアマかった。今回の相手が期待するXMLでは、親ノードの下に同名のノードが並ぶのである。俺がXMLを忌み嫌う理由のトップたるこれを相手が待っている以上、この手は使えない orz …

事ここに至ってテンションだだ下がり。フテ腐れ状態でチマチマとツリーを記述中。あほくさ。尤もこの件、XML云々以前にシステム設計者のセンスの悪さ、スキルの低さこそが原因である。こんなのがビジネスの現場で通用しているという現状、それが怖い。

この業界、昔も今も変わってない。明日も明後日もこのまんまなんだろう。悲しい。