±7

今日の天気こそがいちばんの心配事だった早朝、唐突に流れたニュース、それがあの「執行」報道。むろん驚きはしたがその感想はと言えば、同じくその後の報道で流れた多くの一般市民のそれと同じ。「ああそうですか」なだけで、感慨もへったくれもない。

が、敢えて言うならこの「法による7人殺戮」がメディア総動員で「極めて重大なこと」と騒ぐ捉え方、これこそが気に食わない。彼らがあの時奪った命も、彼らが今日失った命もその単位・価値は同じだ。あの騒動当時の馬鹿げた肩書きとは無関係に、今日彼らがそれぞれ「ひとりのフツーの人間」としてその宿命に殉じた事に、ごくフツーに「喪に服す」。今はただそれだけである …

てか世の中、悪天候のニュースでこんなの既にスルーだったりしてるし。残念ながらとっくにこれ旬、過ぎてますよねハハハ、あーつまんねー  ← 不謹慎