sekitakovich のすべての投稿

「Chrome=真」とは限らない例

ある計測器のディプレイとコントローラ。まだ現物は見ていないが、MCUがCortex-A?でLinuxでタッチパネル付きLCDというから、性能は恐らくほぼPi2ModelB+(以下[Pi2]とする)と同等。これで一体どれだけの事ができるのか、手持ちのPi2で性能評価してみることにした。

モノはWebブラウザで動作する、いわゆるWebアプリ。当然サーバあってのそれなので、コンテンツはサーバに置かれる(以下そのありかを以下[URL]とする)。まずはここに然るべきコンテンツを置き、PCのブラウザ(最新のChrome)から動作を確認する。ここで問題がないのを確認の上、いよいよPi2のChromiumから[URL]にアクセス … すると、少々トロいがそれは動いたので「これならそこそこイケるかな」と安心した。

ところがその数分後、突如動作がパタッと止まった。「え!?  なんでやねん?」と焦り、調べてみるとなんとそのChromiumがメモリをスワップまで食い潰していた。「そんなアホな!」と思いFirefoxで同じ事をすると、動作はChromiumより緩慢でカクカクだがこうはならなかった。

これはもう、Chromium内部でメモリリークが起こっているとしか考えられない。あれこれ書式に手を入れてみたが、結果は変わらず。どうもsetInterval付近に問題がある様で、要は

$ chromium-browser –version
Chromium 60.0.3112.89 Built on Ubuntu 14.04, running on Raspbian 9.3

こいつがダメなのである。ま、よくある話さ♪

しかし参った。そもそもChromiumを使ったのは、開発が楽なのに加えkioskモード(=最初から全画面)が起動オプションで指定できるから。以前これを試した時は、こんなに重い処理をさせなかったので気づかなかったのかも。むろんこれも次のリリースで解決となるのかもしれないが、それがいつになるのかはわからない。納期を過ぎてしまったらアウトなので、直ちに代替案の検討を開始した。その条件は

1.  最初から全画面動作すること
2.  長時間安定動作すること

の2点(現状Chromiumは2を満たしていない)なんだが、これを書いている今、それを満足するパッケージはない。はてさてどうしたもんか?  (恐らく続く)。

翌朝の追記:  最新のChromiumをWin/Macで動かしてみたところ問題なし。どうやらRaspbianのそれが古過ぎるようだ。本番でこれが使えるのであれば有難い。

平○五輪(自粛)

いよいよ始まった○壌オリンピック。例によってニュースもワイドショーも連日これ一色だが、そこで参加選手以上に注目を集めているのがあの「美女どーたら団」。サイボーグの集団みたいで気味悪いったらないが、あの異様な光景を見ていると思い起こされるのは今から30年前にバーレーンで身柄を確保された、あの女性のこと。

ソウルオリンピック開幕を間近に控えた1987年末、その妨害のため大韓航空機を爆破・墜落せよという任務を遂行した金賢姫=元北朝鮮工作員はいまどんな思いでこの大会を、いやこの騒動を見ているのだろう?  他の脱北者ら以上に、その心中たるや穏やかであろう筈がない。

北朝鮮では今、何万もの幼児が飢餓の危機に直面しているという。さりとて周辺国が経済制裁を緩和すれば核武装が加速と、もはや「打つ手なし」な現状。国民を人質にしたこの卑劣なやり方に、誰より憤っているのはこの人ではないだろか。

まーとにかく、あらゆる点で不愉快極まりない今回のオリンピック。名ばかりの「平和の祭典」など早く終わりにして、さっさとあの独裁者を抹殺しろと言いたい。それ以外に策などないんだし。

Chaminade “Concertino” Op.107

ワタクシ的ご贔屓なセシル・シャミナード、その名を知ったのは、学生の頃にたまたま生で聴いたこの曲から。変にヒネクレていない和声・構成と、フランス人ならではの垢抜けた雰囲気とがマッチしていて忽ち気に入ったもんだった。なので実はこれも数年前にいちどチャレンジしたんだが、フルート音源とのレイテンシ(発声までのタイミング)がピアノと合わず中途で断念。

それが今回こんなのを目にして「ダメでもともと、まずは試してみようかしらん♪」と思って鳴らしてみたら、遅れもなく如何にもな音で感激!  いきおい、間違いだらけだった以前の伴奏を全部見直し、最後まで通してみたのがこれ。

まだまだとても「使いこなした」と言うには程遠いが、手応えは充分。今後にご期待を。

TVつけたら

今日もニュースはどこも「相撲」。暴かれた不祥事と隠蔽体質、歴史と伝統と暴力と恥とカネと人脈。昨年末以来、ずっとこれ。
仮想通貨の大騒ぎよりも、記録的な寒波よりも、そして開幕間近な平○五輪よりも日本国民には「相撲と角界」がよほど大事らしい。

あほくさ。ワタクシそもそも相撲になんぞ興味ないし、昨今の騒ぎみな「どうでもいい」。国技かなんか知らんが、相撲なんてしょせんスポーツとは名ばかりの興行でしかないんだし、理事がどうとか協会がこうとかのレベルではない。こんなのを公益財団法人とかに格上げしようとしたところがそもそも無理なのであって、それをまた独占中継して資金供与しているNHKこそが諸悪の根源なのである。

あー、毒吐いてしまった。だが俺は、そのNHKに受信料を払っている。言う権利はあるだろう。あのカネを、相撲なんぞよりもっと「俺の喜ぶ番組」の制作に使って欲しい。

来年にでも「大相撲みたきゃDAZN」ってならんだろか。そしたら世界的なブームが、そして国内ではITバブル再来となるかも。けどそもそも断られるか、あのDAZNに(笑)。

SPIのLCDの現状を再確認してみる

ちと調べたい事があって、数年前にいちど動かしたきり塩漬けになっていた3.5inchLCDを引っ張り出してみた。ついでにRaspbianもStretchなる新しいのが出ていたので、まずはJessieからのバージョンアップから。

updateとupgradeで約3時間、HDMIでXが使えるところまで確認してLCD(KUMANとかいうところの480×320タッチパネルつき激安)を装着。すっかり手順を忘れていたので手間はかかったが、動かす事ができた。そして「あー、やっぱりな〜」と溜息。

あの時、最初この怪しいシロモノがタッチパネルともども動いた時は感動した。が、暫く使ってみるとその描画のトロさに辟易、一日で「こんなの使い物にならんわ」と外してしまった。HDMIのやつがどれも高かったのでSPIのこれはどうかなと試してみたんだが、結論は「とてもじゃないがXではX(笑)」な結果に。

# GPIOそっくり持っていかれるし

HDMIなら快適なのはわかっていたので、そのうち安いのが出たらまた試してみるべえ、と思っているうちに何年かが過ぎた。

今回知りたかったのは、その「SPIの遅さ」がどこまでなのか。mp4とかゲームとかでなく、グラフとか静止画とかのモニターとしてなら使い物になるのかどうか、そこの見極めだった。が、やはりこれではアキマヘン。スマホやタブレットに慣れた人が見たら「何じゃこりゃ!?」と言われるのがオチなレベル。スクロールで波打ってちゃ論外である。

やはり選択肢はHDMIしかないんだろか。コストが問題ですわな〜 …

追記: そのHDMIでこれまた激安&ケース付きを試してみた。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/4, 1/60 sec, ISO5000)
パネルがヨレているのはご愛嬌

快適というほどではないが、SPIよりは遥かにマシ。またこうなってくると、むしろRaspberryPi(2 B+)のほうが問題になってくる。恐らくSDへの書き込みがネックなので、それを避ければまあなんとかという感じ。