カテゴリー別アーカイブ: Camera&Photo

撮りたいものを撮りたい時に

アタマが痛い …

昨夜の深酒で、暗いうちに頭痛で早起き。そして冷水をがぶ飲みして再度就寝後に目覚めると、外は雲ひとつない秋晴れ! これは澄んだ空気で体から毒素を抜くしかないと外出。

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/350 sec, ISO320)

Canon EOS 6D (200mm, f/4, 1/350 sec, ISO100)

Canon EOS 6D (70mm, f/4, 1/250 sec, ISO200)

Canon EOS 6D (200mm, f/4, 1/350 sec, ISO100)

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/350 sec, ISO100)

Canon EOS 6D (70mm, f/4, 1/350 sec, ISO100)

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/250 sec, ISO125)

今回は画が全て、特にコメントなし ← ただの宿酔!

乗り換え駅恒例のX’masイルミネーション

外出の帰り、多摩センター駅で見たイルミネーションが綺麗だったので帰宅後、カメラ担いで出直した。

Canon EOS 6D (200mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (200mm, f/2.8, 1/180 sec, ISO6400)

雨もあがり、そう寒くもなかったが既にあたりは真っ暗。

Canon EOS 6D (70mm, f/2.8, 1/350 sec, ISO2500)

こういう用途にマイクロフォーサーズは向かないので、今回は6Dのみ。だがさすがにこれだけ暗いと手持ちではブレるので、一脚使用。開放での口径食が目立ってしまったが、まあ不自然というほどでもないかと。

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/90 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (200mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO3200)

いつもの調子で明るいところにピントをあわせるとアンダーになってしまうので、ほどほどなところでAEロックしてからシャッター。だがこれがけっこう難しい。

Canon EOS 6D (200mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO200)

Canon EOS 6D (200mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO400)

次回はもうちい早い時間に出向くのが吉かと。

デジイチ近未来予想

このところ、6DとGX7MK2の2台持ちで外出という機会が増えている。屋外でレンズ交換をなるべくしたくないというのが一番の理由なんだが、前者に70-200mm、後者に14mm単焦点それぞれつけっぱなしというのが使いまわしの点で一番かなと感じている。

がその結果、帰宅後に両者のアガリを目の前で較べる事にもなる。すると、レンズの違いを差っ引いても6D(=フルサイズ)の圧倒的な優位性が際立ってしまう。それをひと言でわかりやすく
言うなら「器の違い」。フルサイズを見た後では、マイクロフォーサーズのそれがどれもみな「薄っぺら」と感じてしまうのだ。

むろんそんなのは百も承知で使っているんだし、軽量コンパクトなおかげで得られたシャッターチャンスというのもあるのでそれが全てとは言わないが、やはりここで毎回マイクロフォーサーズの限界というのを痛感してしまう。

# 撮った本人は兎も角、人は結果しか見ないしね

この先、マイクロフォーサーズは「今のフルサイズ一眼並の品位」で撮れるようになるまで進化するんだろうか?  或いはミラーレスなフルサイズ一眼が、常に持ち歩ける様になるところまで小型・軽量化されるんだろうか?

俺的には後者が現実的かなと思う。いずれにしても「メカシャッターとペンタプリズム」な時代の終焉は近い気がする。

秋を味わう

強風の一夜が明け、外は爽やかな秋晴れ。買い物のついでに近くの公園を散策してみた。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/8, 1/60 sec, ISO2000)

Panasonic DMC-GX7MK2 (100mm, f/4.1, 1/250 sec, ISO250)

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/4, 1/250 sec, ISO200)
この時期、まだカマキリがいた。傷だらけ!

Panasonic DMC-GX7MK2 (300mm, f/5.6, 1/640 sec, ISO400)

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO640)

Panasonic DMC-GX7MK2 (300mm, f/5.6, 1/640 sec, ISO1600)

次はこの中、走ってみようかという気にもなった。

リバーサルフィルム、買ってみようか

押し入れの中から懐かしいモノが出てきた。長男誕生の日が近づき、必要に迫られて初めて買った「自分のカメラ」 = オリンパスのIZM330。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/8, 1/20 sec, ISO6400)

# なんとそれまで、俺はカメラを持っていなかった!

当時はバブルの真っ只中、仕事が異常に忙しくて「ゆっくり買い物を」な時間がなかなかとれなかった。そんな中「どれにするか悩む」という、あの至福のひと時もない状態で飛び込んだ某大型店。そりゃもう目の前ピンからキリで迷ったが

* 一眼レフは大きいし使いこなしに時間がかかる
* コンパクトカメラでは満足なのが撮れない

だろうと思っていたので、その真ん中レベルなところを物色していて目についたのがこれ。グニャグニャした感じが、手にぴったりフィットした。確か5萬ぐらいだったと思うが、急いでいたので即決。フジの400ひと箱と一緒に持ち帰った。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/8, 1/60 sec, ISO2500)

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/8, 1/40 sec, ISO6400)

ズームの脇には「38-105mm f4.5-6」とある。約20年ぶりに手にしてみたが、このサイズにしては軽い!  上部パネルの蓋が割れてしまっているし、至るところ傷だらけで痛々しいが、それは活躍の証。レンズのキャップが赤外線リモコンというのも気が利いている(一度も使わなかったが)。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/8, 1/20 sec, ISO6400)
あれ? 背面に液晶がない??? と思う人がいるかも。

シャッター速度は最高で1/500。よくこれで手ブレしなかったもんだと思うが、そこは(当時のズームとしては)明るいレンズのおかげだろう。

結局これを8年間使ったが、故障もなく立派にその使命を果たしてくれた。だがそこでまた必要に迫られ、今度は同じオリンパスのデジカメにバトンタッチ。こうして、俺にとってこいつは最初で最後のフィルムカメラとなったのである。

背面の蓋を開けたらまだフィルム(20年前の!?)が入っていて焦ったが、新しい電池を入れればまだこれ動作しそう。ヒマな時に試してみよう。リバーサルで!