カテゴリー別アーカイブ: Camera&Photo

撮りたいものを撮りたい時に

いのちの証

Canon EOS 6D (24mm, f/8, 1/125 sec, ISO6400)

今朝ここを通ったときにはなかった、蝉の抜け殻。下はアスファルトだし、こいつがどこからここへやって来たのか、そして今どこにいるのかは知らない。だがこいつは確かに今日、ここにいた。その証拠がこれだ。

こいつらには報酬も休暇もない。こうして成虫となってからは、この暑い時期の一週間かそこらが最後の仕事である。だが蝉はそれを嘆くだろうか?  或いは周囲の生物を羨んだりするだろうか?

誰に教えられるでも、誰の助けを借りるでもなくこうして己の使命を粛々とこなしていく、その姿が清い。そして、今の俺にはそれがとても羨ましい。

小さな命、そこから学ぶものは多い。

いまさら EOS 6D 極私的レビュー

早いもので、EOS 6Dを使いはじめて4ヶ月が過ぎようとしている。Mark2の発売が間近だし、この期に及んでその評価もという気はするが、もしかするとここで敢えて現行機の購入を検討している向きも少なくないのではないかと思い、まとめてみた。

なおワタクシの場合

*  AFは中央一点で充分
*  ライブビューは使わない
*  連写もしない
*  動画は撮らない

ので、6Dに対してよく言われるAFのショボさとか、連射性能の低さとかは全く気にならない。

# 逆に言えば、これらに拘るのであれば6Dを選ぶ理由はナシ!

という前提で、まずは○な点から

1.  広角が広角

変な言い方だが、要は24mmが24mmで撮れるようになったということ。ファインダーの中で視界が上下左右に「ぱあっ」と開けた時は心底感動した。これこそがフルサイズを使う最大の長所であり、理由だと思う。

2.  暗所に強い

高感度性能が高く、ISO6400で充分イケるのが凄い。室内や悪天候下でもあれこれ考えず、手持ちで撮りまくってもハズレが少ないのがありがたい。

3.  重宝するWi-Fi

iPadと一緒に持ち歩くと、その大きな画面でデキを即チェックできるのが超便利。そして帰宅後、取り込みもワイヤレス(時間はかかるが)。おかげでカードスロットと、本体左側のゴム蓋を開けたことがない。

そして×な点

1.  シャッター速度の上限が1/4000

「1/8000が欲しけりゃ5Dをどうぞ」と言われそうだが、あったら良かったなーという意味で。

2.  ホワイトバランスの設定ボタンがない

まあAWBで撮って事後修正でほとんど充分なんだが、撮影時に決定できるよう、やはりそれ用のボタンがあると助かる。

3.  ファイル名のカスタマイズができない

7Dとかにはある機能で、これがないとEOSを複数台使った時にファイル名のバッティングが起きる。FWのバージョンアップとかでできそうな気がするんだが、やってくんないもんだろか?

とまあこんなところか。×がどれも致命的でないところからも、ワタクシ的満足度の高さをご理解頂けるのではないかと。

なお、APS-Cから6D(=フルサイズ)への乗り換えを検討中な人にご忠告。前者では気にならなかったレンズの「周辺光量落ち」が後者では顕著となる。純正だと補正も多少は効くが、他社のそれだとモロに出る。なので撮影の際にはこれを考慮しておかないと、あとで「アレ~!?」となる。ここがフルサイズの難しさだが、その使いこなしも楽しみのうち、な人には6Dおススメ。

以上、いまさらの6Dレビューでした。

 

Canon EOS 6D (300mm, f/8, 1/250 sec, ISO1000)

Canon EOS 6D (200mm, f/8, 1/180 sec, ISO100)

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/750 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/250 sec, ISO3200)

Canon EOS 6D (300mm, f/5.6, 1/350 sec, ISO1250)

6DMark2 発売前から喧々囂々

EOS6D Mark2が正式に発表された。現行6Dユーザの俺にはもちろん気になる製品だが「慌てて買い換えるほどのもんじゃないな」というのが今の認識。そもそもカネないし(涙)。実際それは新しい分少々お高いが、これならまたバカ売れするだろうと思っていた。

そしたらその発売直前のところへ海外からのネガティブ情報流入で、一転大騒ぎ!  予約を取り消すとか、あれやこれやに鞍替えするとか、どれもみなヒステリック。いきおい「あのー、それってそんなに大事な話なんでしょーか?」と、問いたくなってくる。むろんしないが。

写真のデキを100点満点で考えた場合、俺はざっくり、カメラの性能と撮影者のウデが半々と考えている。理想的なカメラなりレンズなりで50点なら、ウデ50点で満点(ウデはセンスと言い換えてもいい)。すると果たしてこの後者50点なのが、世の中にどれだけいるんだろか?  或いはウデに自信がないからカメラだけでも満点が欲しいというのであれば、素直に1Dなり5Dなり、或いは他社製品でも買えばいーんじゃね? と思う。

「ヘボいカメラで30点+センスで50点=80点」な写真と「サイコーなカメラで50点+ウデ30点=80点」なら軍配は前者に上がるでしょう。実際こういう残念な後者、目にする機会多いし。

期待通りの絵が撮れないのを機材のせいにするのは簡単だが、カネで買えないのがウデでありセンスである。アマチュア向け普及機のコストパフォーマンスに「裏切られた」の「騙された」の言う前に、する事あるんじゃね?  と思うのは俺だけだろか?

雨の鎌倉

小雨の中、紫陽花のシーズンを迎えた鎌倉へ。

Canon EOS 6D (300mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO200)

Canon EOS 6D (24mm, f/8, 1/250 sec, ISO1600)

Canon EOS 6D (24mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO5000)

篠突く雨と鎌倉文学館の庭。

Canon EOS 6D (81mm, f/5.6, 1/45 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (218mm, f/8, 1/250 sec, ISO800)

Canon EOS 6D (81mm, f/4, 1/10 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (300mm, f/8, 1/250 sec, ISO2000)

Canon EOS 6D (175mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO250)

Canon EOS 6D (70mm, f/8, 1/250 sec, ISO1600)

どっしりと構えた大仏の周辺では修学旅行の学生・児童らが右往左往と、その対比こそが面白かったり。

Canon EOS 6D (300mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO640)

Canon EOS 6D (24mm, f/5.6, 1/180 sec, ISO6400)

おまけ:今日のトンビ

Canon EOS 6D (300mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO160)

相模原市の歴史を辿る

時間ができたので再度思い出の町、相模原市へ。今回は、かつて休日によく訪れた場所を歩いてみることにした。

まずは市立博物館。お目当ては相模大野駅周辺のジオラマで、これは昭和50年頃のそれ。右手奥、オレンジ色の屋根が駅。左側の鉄塔は米軍病院のそれで、あの頃はこれが駅前から真正面に見えた。静かで、のんびりとした街だった。時折上空を通過する戦闘機の轟音で窓が揺れたのも、今となっては懐かしい。あの時、パイロットの眼下にはこんな光景が広がっていたのだろう。

Canon EOS 6D (24mm, f/4, 1/125 sec, ISO6400)

次は麻溝公園。子供が小さかった頃にはよく出かけたもんだが、あれからはや数十年。生憎の天気ではあったが平日とあって人も少なく、落ち着いて歩くことができた。

ここにはふれあい動物広場というのがあって、こういうのを間近に見られるのがイイ。無料だし。

Canon EOS 6D (70mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO1600)

Canon EOS 6D (200mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO800)

そこから隣接する相模原公園へ。ここには大きな温室があって、変な植物がたくさん。

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/45 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/250 sec, ISO5000)

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/250 sec, ISO4000)

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/125 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (90mm, f/8, 1/180 sec, ISO6400)

さてこの2つの公園、合わせてその広さ実に60ha以上(!)。この広大な一帯が、かつては陸軍の演習場だったというのをご存知だろうか?  それが戦後米軍に接収され、返還後に麻溝公園は市立の、そして相模原公園は県立のそれとして開園したのだそうな。相模原市内には他にも広い公園が多数あるが、みな同じ理由とか。

今や政令指定都市となった相模原市の歴史、特に昭和の初めから戦後にかけてのそれは興味深い。もうすこし調べてみようか、という気分になってきている。