カテゴリー別アーカイブ: Performances

ピアニスト♪

Déodat de Séverac “Baigneuses au soleil”

セヴラックの「日向で水浴びする女たち」。副題に「Souvenir de Banyuls-sur-Mer」とある。二十歳かそこらの頃に聴き、いっぱつで気に入った曲。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO4000)
もうボロボロ

この譜面は90年頃、銀座のヤマハで購入したもの。この曲のCDを探しに来たが見つからず、せめてこれで「聴こう」と思い(注1)ピアノも弾けないのにピアノ譜を、それもたった12頁で弐千円もするのに日本語は正札だけ(注2)なのを買ったのである。

が、喜び勇んで帰宅したはいいが読めたのは左手だけ(注3)。更にはそれまで見たのことない記号やら仏語注釈やらの洪水に、たちまち「ムンクの叫び」となってしまった。それでも翌日から気を取り直し、じっくり読むうちだんだんと頭の中でこいつがそれらしく鳴り出した。当時YM2151を搭載したPC(注4)を所有していたので「よーしこれで鳴らしてみよう!」 … と早速取り掛かってはみたが、この無茶無理無謀な試みは一日で白旗、以後それっきり(涙)。

という訳で、あの時のリベンジがこれ。雰囲気は出たかなという感じ。いまやCDも何種類か出ているし、国内版の楽譜も店頭にあるしで少しはセヴラックもメジャーになってきたのかも。

注1: YoutubeはおろかWindows95もない頃である
注2: EDITIONS SALABERT
注3: アマチェロ弾きの多くはヘ音とテノール記号しか読めない
注4: FMで8音、わかる人にはわかる

J.Offenbach “Orphée aux Enfers” overture

おなじみオッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」こと「地獄のオルフェ」序曲。但しこの曲はこういう事情で、オッフェンバック自身の手によるものではない。が、それは如何にも伝統的なオペラ序曲の流儀に従った構成で、良くできていると思う。今回使ったのは、そのまた4手連弾版。

思えば若い頃、FMで聴いたこれが気に入って近所のレコード屋へ行ったらモノがなく、その足で秋葉原まで出向いてマリナーのを買ってきた覚えが。今でもそうした状況はあまり変わっていないようで、CDで探すとなったらカラヤンの(古い!)ぐらいしか見当たらない。ミンコフスキのがおすすめと思ったらもう売ってないし。

やっぱり楽しいオッフェンバック、お時間のある方はこちらもどうぞ

C.DEBUSSY “Prelude” from “Suite bergamasque”

ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」も、一昨年の今頃の「パスピエ」から昨年の「メヌエット」ときて、今年は遂に1曲目の「プレリュード」。

実はこの曲に着手したのはこれらよりもずっと前なんだが、何をどうやってもサマにならなくて長いこと放置。それを「今度こそは!」と、これまでのをそっくりリセットして臨んだ。しかし、やはり細かいテンポの揺らしと強弱のアヤがなかなか掴めなくて、今回はずいぶんCDとYouTubeの世話になった …

が、それらはどれもコネクリ廻し過ぎな感じで、俺的にはどうにも重くてしつこい。やはり印象に残るのはLPの時代に聴いたミシェル・ベロフのあれ。アッサリ系で録音もショボかったが、音聴いてるだけでどんなアクションなのかが目に見えるようだったアレ。久しく聴いてないが、確かこんな感じだったんじゃないかなあ。

さて、これで残るは「Clair de lune」だけとなった。正直言ってこれ、あまりやりたくない。けどここまで来た以上、〆ておきたい気もするし。やるとして、これも来年かな。

嵐の前の静けさ

という感じだった昨日、ヘタすると買い物に行けなくなるかもと冷雨の中、スーパーまで食糧確保に走った。帰宅後も風は強くなる一方で、雨が止む気配はない。こういう時のBGMはやっぱこれかな?  と思い、着手したのがこれ。

こちらからどうぞ

先日のこれに続き、おなじみドビュッシーの「ピアノのために」から第1曲、プレリュード。がさすがに一日で完成するわきゃなく、本日早起きして続き。そこから最後の悪戦苦闘、ようやくサマになった!

…  のはいいが、いつしか外はこれでもかというぐらいの秋晴れ。似合いませんねぇこれでは。

ま、いいか。残るは難物、3曲めのトッカータのみ。

 

Elgar “Salut d’amour” Op.12

おなじみエルガーの「愛の挨拶」。

先日久々に耳にして、いい機会だしこれイッチョヤルカ! で着手。短い曲なので譜読みは楽だったが、こういうのって「Simple is difficult」で「らしく」鳴らすのが大変。この曲の場合随所に出てくるフェルマータやらritやらstringやらがキモで、ああでもないこうでもないの末に「まーこんなもんかな」まで辿り着いたので公開。

少しでもこれが何かの癒やしになってくれれば、と願いつつ。