バルトークの不思議な作品

全音から世界初となる「中国の不思議な役人」の組曲版ポケットスコアが出ていると知り、どんなものか見てみようと楽器屋へ。するとそこには、驚いたことに目当てのそれと並んであのニチフこと日本楽譜出版社のそれが、同じop.19として鎮座していた。しかもそれは、全音のより安いくせに倍ぐらい厚い。「もしかして全曲版?」と思ったが、どこにもそんな記述はない。これはいっちょ調べてからにしようと、この日は買わずに帰った。

ISBN978-4-86060-326-7そしてあのニチフのWebサイトを見ると、そこには「演奏会用組曲、バレエ上演用の舞台版を含めた全曲版」との説明が。これを見て「両者を含めた全曲って何じゃい?」と疑問に思った。「両者を一冊に収めたお徳用」と言うならわかるがそうではなかったし、この表現はいったい何なの? と思いあちこち調べてみたがわからずじまい(注1)。面倒くさくなり、結局こっちを翌日買ってしまった。

帰宅後まずは解説を一読するも、やはりそれに関する記述はない。それどころか編成についても記述ゼロ。更には巻末に「付録」として掲載されている謎の数ページについてもいっさい説明なし。まあこの辺はあのニチフならではと諦め、手持ちのCDをプレーヤに放り込んで追っかけ開始。そこから幾度となく迷子になりながら、メモとりとり付箋ハリハリで2時間あまり。こんなに真剣にスコア読んだの久しぶりである。

そして初めて知った。実はこの作品の「組曲版」というのは「全曲版」の

  • 真ん中へんから後ろをスッパリ切り落とし
  • 2箇所をカットして
  • 別のコーダをくっつけたもの

だったのだ。しかもそれを各々別の譜面とせず、演奏形態に応じて「~へ飛べ」とか「ここで終わり」とかの指示を欄外に書き込むことによって単一のそれとしているのである。if~else~exitである(笑)。組曲版だと役人死なないし(笑)。

なるほどこれであのニチフの「含めた」なる珍妙な言い回しも、作品番号が共通なのも理解できた。そしてどこかで見た「組曲版」という呼称が不適切である、という見解にも納得がいった。確かに欄外にはバルトーク自身による「演奏会版では~」という記述がある。胸のつかえが落ちてホッとした。

初版のコーダと判明した巻末の「付録」は、現行のそれより39小節長い。たぶん古~い全曲録音ではこれが聞ける筈(調べる気はないが)。なお「組曲版」の存在もこれも、そのあまりにキテレツな内容に起因するものだとか。まあ実際、そのト書きを見ただけでも「よくあの時代にこんなもん出したな」と改めて感心する。昨今の「中国の不思議な役人」らにも困ったもんだが ← 関係ない。

結論。確かにこれはバルトークの「中国の不思議な役人」全てを包含している。だが「組曲版」をこれで追おうとすると付箋紙が必須。その目的であれば全音のほうがいいだろう。

最後にあのニチフ殿。日本語と英語のバイリンガル仕立ては偉い。が、今やこんな立派なの作れるんだからせめて編成と、2つの版に関する説明ぐらい載せてくれ給え。そして解説の譜例に小節番号を書き添えるぐらいはし給え。バレエの歴史なんぞ要らんから。

注1:  たった今みたらWikipediaに書いてあった(涙)。

野津田は近所なんだが

俺は町田市民だが、生まれは長野県である。なのでゼルビアと山雅が揃ってJ2に昇格を決めた時には心から喜んだものだ。本年度よりJFLへの自動降格が実施されるというところに一抹の不安を感じはしたものの、まあ×××とか○○○よりは上行くでしょう、ぐらいな楽観的な気分でいた。早いもので、あれからもうじき1年。

ここで現時点での両者の順位と平均入場者数をみると、山雅は参加22チーム中13位で9,000人超えと、予想外の好成績を残している。がそれに対しゼルビアは最下位で3,000人ちょい、降格が確定間近という悲惨な状況に。両者、雲泥の差である。

戦績についてはゼルビアがんばれ、としか言いようがない。だが入場者数の伸び悩みの最大の原因は、ホームスタジアムたる野津田にあると俺は思っている。なにしろここはゼルビアがJの準会員となった時から何かにつけて市民からもサポからも、そして肝心のJからもケチがつきまくりなのだ。昇格にあたっても、市の臨時予算と突貫工事でJを説得という際どさ。これには25億もかかったらしいが、そこはしょせん野津田。山の中の陸上競技場に照明と椅子が増えて「少しはマシになったかな」ぐらいなもんである。アクセスも悪いし、初めて訪れた人は「これで都内なの!?」と驚くに違いない。

まあ仮にここでJFLに落ちたとしてもクラブがなくなる訳ではない(だろうと信じたい)が、野津田にしがみついている限り状況の好転は望めないと思う。願わくば2020東京五輪の誘致に成功し、町田市内に専用スタジアム建設という流れにはならんもんじゃろか? そうなれば、全てがいい方向に転がり出すような気がするんだが。

参考までに、東京五輪の誘致にあたって使用前提とされている競技場にサッカー専用スタジアムはひとつもない。てか専用がそもそも都内では、西が丘しかないというこの現実 ・・・

WOWOWで宮本亜門の「サロメ」を観る

このテの猟奇的かつ退廃的な戯曲は、あまり俺の好みではない。が、今回その主人公サロメを演じるのは、なんと多部未華子! 「農業少女」の時はその無表情ぶりが見事にハマったが、果たして今回はどうなのかと、興味そこだけで鑑賞開始。

結論から言えば「悪くはないんだが、ウ~ン」という感じ。その演技と表情からは憎悪と狂気とを充分に感じ取ることができた。生首抱えての血塗れの演技など、宮本亜門がベタ褒めなのも納得できる。

だが惜しいかな、肝心の声に「幅」がない。つまり聞こえてくるのは喉からのそれだけで、いわゆる「腹の底から絞りだす」様な声がないのだ。まあこれはリヒャルト・シュトラウスの歌劇と比較してしまうからかも知れないが、どうしても抑揚に欠けた、一本調子なセリフまわしに聞こえてしまうのだ。

この舞台、再演の機会があるかどうかは知らない。だがせっかくあの長いセリフを覚えたのだから、彼女には更なる声量と腹式呼吸を身につけて、もう一度サロメを演じて欲しい。それはきっと、文字通り「鬼気迫る」演技となるだろう。

しつこいようだがマップ@ios6悲し

今日もios6のマップで大笑いさせて貰った。どこを開いてもひとつかふたつ、必ずツッコミどころありというのが凄い。こうして世界中に怒号が渦巻く中、この冗談アプリを強引に送り出した張本人は、インタビューに対し謝るどころか「皆さんが使えば使うほどよいものになっていきます」と開き直ったらしい。あかん、これはもう良い悪い以前のレベルだわ。悪いことは言わないから、早く白旗あげたほうが身のため > apple。

ios6のマップが教えてくれるもの

おなじみの国立競技場。Google Mapだとこう。 国立競技場(Google)
同じく国立競技場をipad/ios6でみたところ。 国立競技場(Apple)

タッチライン付近に千駄ヶ谷駅。スタンドのホーム側には下池が新宿御苑から、アウェイ側には津田ホールがそれぞれ移転。津田スクールオブビジネスも敷地内に。知らなかった。