R.Schuman “Manfred” overture

シューマンの「マンフレッド」序曲、ピアノ独奏版。向学のためにと着手したのが3月。しかしその病的な臨時記号の多さに数小節進んでは放り出しを繰り返し、最後は人に手伝って貰って(ナサケナイ)全ての音を拾い終えたのが7月。ところが今度はその仕上げで迷路に嵌り込み、やはり俺にこういうのは向かんのかと半ば諦めかけていたもの。それがあるキッカケ(内容については後日改めて)から急速にイメージが固まり、緩急強弱ぜんぶ白紙に戻してそこから一気にキメてみたのがこれ。