C.Debussy “Petite Suite”

このところ本業の方が忙しくて、なかなか新曲という訳にいかないのでいきおい、放置状態のやつの掘り起こしばかり。これもまるまる2年間おクラ入りしていたものに、全面的な見直しをかけて仕上げてみたもの。あの時、途中で投げ出した理由がわかる。これ、簡単そうでいて実はムズいわ。

大学の頃、選曲委員の立場を乱用してビュッセル編によるこの曲を定期の演目に強引に加えたのを思い出す。管が少なくて(トロンボーンないし)打楽器が多いという、あんまりアマチュア向けの曲ではないが楽しかったなー。