あ・か・る~いナショナル♪ な頃の乾電池の話

今回、Arduino+αを駆動する電池について片っ端から調べ・買い・試し、をしてきたがそこでふと思い出したのが、小学生の頃に持っていた6Vの角型乾電池。「006P」を2枚貼りあわせたぐらいのサイズで、上から見るとほぼ正方形。ナショナル製で、確か赤だった。マブチのでかいモーターを回すのに、単3×4では重量が嵩むからと小遣い貯めてようやくGETしたものだった。

あれは今でもあるんだろうか? と調べてみたが、どうやらなさそう。てかこの型の電池がどこにも出てこない。俺の思い違い? 006Pだったのか???  いやいや同時期に006Pも使っていたのだし、それと混同というのはあり得ない。

おかしいなぁ、と思いつつ検索を続けていると … 出た! 「4AA C-8501 6V」なる赤いHi-Top。思わず「これだぁっ!」と叫んでしまった。けど4AAとは? と先を読むとなんとこれ、単3のHi-Topを4個詰め込んだハコだった。要は、市販の単3×4にガワを被せただけのモノだったのだ。「ずるっ」と、効果音自前でコケた。

ついでに006Pの方を使ったホーマーのAMラジオキットは、結局一度も鳴らないまま終わったという苦い記憶も。あの場にタイムスリップして目の前でLチカやってみせたら、小学生の俺はどんな顔するだろか。

お彼岸間近

2015-06-25 11.28.08 iPad Air (3.3mm, f/2.4, 1/60 sec, ISO40)

共同墓地の一角、白い玉砂利を敷き詰めた中に立派な墓石 … ではない。UNO+プロトタイプシールドに、あるモジュールがささったところを裏から見るの図。これでLEDが点灯したらライトアップだ(笑)。ジャンパー線がまた枝垂柳風で、いい味出してるし。ははは。

今日、秋葉原のラジオデパートで

ユニバーサル基板を漁っていて、サンハヤトのMM-3830を発見! それも2枚!!  しかも¥1,500!!!  ソク買った。販売終了だし、もう入手は不可能だろうと諦めていたが、こんなところ(失礼)にあるとは夢にも思わなかった。これでMSGEQ7+ゴチャゴチャを、このボード一枚で置き換えられる!  ありがたいではないかーっ!  「今日はツイテるわ♪」と、ウキウキで店を出た。

帰宅後にパッケージを眺めていて「む」となった。妙にピンが多いなと思ったら、6つの帯域がそれぞれ6つのピンに出ている。つまりアナログが6本  …  そこで思い出した。これを使うにはADコンバータが別に要る、というのを。慌てて探したが、出てきたのは4chのそれだけ。あかん  …  結局8chのをポチったが、これが届くまでまーたおあずけ。そして冷静に今の状況をみれば、ラクできる分更にコストアップという厳しい現実  …  これについてはまた。

そもそもこのモジュール、早々と販売終了してしまった =  売れなかったからでしょう。その理由は恐らく、NCだらけで無駄にスペース食ってるのと、アナログinを6本も必要とするこの手抜きな構成。i2Cとかでコンパクトに固めれば、今でもニーズはある筈。

「ああっ、アレがあれば俺でも作れるのにー!」と思った。その「アレ」が欲しくてたまらない昨今。安くならんかなー。

2015-06-28 14.50.10 iPad Air (3.3mm, f/2.4, 1/30 sec, ISO40)

追記: 悲しいことにそもそもこのIC(BA3830F)自体が生産終了らしい(2015-06-29)。

まーたaitendoから変なのが

UNOのそっくりさん¥500に続き、今度はATMega328ブレイクアウトモジュール。「最小構成Arduino互換」とあるが、WikipediaによるとArduino(及びその互換機)ならば「少なくとも5Vシリーズレギュレータと8MHzもしくは16MHzもしくは84MHzの水晶振動子(またはセラミック発振子)が含まれる」のだそうな。だとするとレギュレータを持たないこれは、Arduino互換と呼べるのだろうか?

まあそんな事は、このおネダンの前では瑣末でかつ無意味である。という訳でこのワタクシも、これよりはるかに高いPro Trinketの代替とすべく購入してみた。

しかしこいつは「びんぼう」ほどラクではない。理由のひとつはスケッチの書き込みにシリアルアダプタが必要なこと、そしてもうひとつはチップ部品のハンダ付けが必要なこと。特に後者が鬼門で、これまで満足にできたためしのない、俺的に最も苦手な作業がこれだ。

そこで今回、苦手を克服すべく「クリームハンダ」なるものを使ってみることにした。これが届き次第、組み立てに着手する予定でいる。さてさてどうなります事やら。

#  いま見たらまた品切れ。みんなこれぐらい平気なの??

最終形が見えてきた

2015-06-11 20.35.03 301F (3.69mm, f/2.2, 1/50 sec, ISO77)

納品日(?)まで、残り約一週間。単4×2の電池ホルダーがまだ届かないので、×1で寸取り。基板の上、大きいほうがAdafruitのPro Trinket、小さい方がAitendoのDC1117-254。思ったより後者がデカい。

基板の空き地、L字なところに8本足のICとC/R幾つかを配置する。残りは蓋の内側にぶら下げる予定なんだが、ここから基板へのジャンパー線が8本。まさにギリギリス。

このハコを使う限り、今後スケッチのアップデートは基板ごと外さなきゃ無理そう。そろそろFTDIとか考えた方がいいのかも。ま、それはおいおい。