これでキマリか!?

リレーに疎いこの俺が、別件で調べ物をしていてふと目についたのがこの解説文

あらまあそうだったのね! と目からウロコが落下した。これならLEDの発光側にスイッチとCRD挟んで電圧かけてやるだけで、出力側の大電流をOn/Offできるではないか。トランジスタも放熱器も不要! そしてスイッチをツェナーにすれば「ある電圧未満だと一切流さない」の一丁上がりだ。ヤッター!

と喜び、負荷電流が1A以上のを探してみたところ、OMRONのG3VM-21ARというのが3AまでOKなので、これを注文(結構高いのねん …)。届き次第さっそく試してみる予定。これは楽しみ!

2016-04-02 14.01.13 iPad Air (3.3mm, f/2.4, 1/24 sec, ISO80)

追記:  ブツが届いたので、安定化電源からのそれをDC-DCでVcc(5V)にして

  • PMOS:1 ← CRD(10mA) ← ツェナー(3.3V) ← Vcc
  • PMOS:2 → GND
  • PMOS:3 → load
  • PMOS:4 ← Vcc

と接続、通電中。最初4.7Vのツェナーで試したが、6V近くないとOnにならないので、それ以下で手持ちの3.3Vに。Vccが5VオーバーなのはコンマVでの調整が難しいから。PMOS経由の電圧は、もっと落ちるかと思ったら0.1Vぐらい。この状態で、DC-DCからの電圧が5Vを下回るとOffとなる(うっしっし)。

2016-04-02 20.33.14 iPad Air (3.3mm, f/2.4, 1/24 sec, ISO100)

そして早速それを組み込んだの図。天気悪いので、本番テストはまだこれから。それはそうとこのボード、実験開始から数ヶ月間で部品点数が倍になってる。そろそろハコ入れしたいところだが、こうなるとPCBにしなきゃ無理そう。むむむ。

追記:  動いた … ことは動いたが、ちと問題あり。まず5Vに対してツェナー電圧が3.3Vでは低すぎるのか、これまでと殆ど動作がかわらない。そこで3.9Vのを入手しこれと交換してみたら今度は高‎いのか、なかなか充電中にならない。この調子だとツェナー片っ端から買い込むことになるので、以後はDC-DCの出力で調整してみる事にした。恐らく5.5Vぐらいで丁度いいんではないかと予想、これでテスト再開。

追記2:  東芝のTLP3553というのがほぼ同等な模様。