Déodat de Séverac “Baigneuses au soleil”

セヴラックの「日向で水浴びする女たち」。副題に「Souvenir de Banyuls-sur-Mer」とある。二十歳かそこらの頃に聴き、いっぱつで気に入った曲。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/60 sec, ISO4000)
もうボロボロ

この譜面は90年頃、銀座のヤマハで購入したもの。この曲のCDを探しに来たが見つからず、せめてこれで「聴こう」と思い(注1)ピアノも弾けないのにピアノ譜を、それもたった12頁で弐千円もするのに日本語は正札だけ(注2)なのを買ったのである。

が、喜び勇んで帰宅したはいいが読めたのは左手だけ(注3)。更にはそれまで見たのことない記号やら仏語注釈やらの洪水に、たちまち「ムンクの叫び」となってしまった。それでも翌日から気を取り直し、じっくり読むうちだんだんと頭の中でこいつがそれらしく鳴り出した。当時YM2151を搭載したPC(注4)を所有していたので「よーしこれで鳴らしてみよう!」 … と早速取り掛かってはみたが、この無茶無理無謀な試みは一日で白旗、以後それっきり(涙)。

という訳で、あの時のリベンジがこれ。雰囲気は出たかなという感じ。いまやCDも何種類か出ているし、国内版の楽譜も店頭にあるしで少しはセヴラックもメジャーになってきたのかも。

注1: YoutubeはおろかWindows95もない頃である
注2: EDITIONS SALABERT
注3: アマチェロ弾きの多くはヘ音とテノール記号しか読めない
注4: FMで8音、わかる人にはわかる

錯乱するジジイ達の論理

先週の木曜、時間がとれたので前回に引き続き日フィルの公開リハーサルを見に杉並公会堂へ。今回も開場を待つ人の列、年齢層ヒジョーに高い(俺もか!)。曲目は「幻想」と聞いていたが、そこには「最初に八村義夫、そのあと幻想なのであしからず」な貼り紙が。

なるほどステージ中央には「で~ん」とスタインウェイ。打楽器が異常に多い。時間になり平服のピアニスト渡邉康雄さんとマエストロ井上道義が入って来て、いきなり始まったのがその八つ墓村 … もとい八村義夫氏の「錯乱の論理」。

「ポカーン」という感じな数分間、こういう体験も久々である。知らない曲だったがそれは(メシアン+ヴァレーズ)÷(ウェーベルン+ベルク) = 「70年代のサイケな映画のBGM」という感じで、結構楽しかった。

マエストロ曰く「錯乱してるんだから、そこにそもそも論理なんかない」。つまりこの曲自体が矛盾なのだと。実際こういうのは半端に取っ掛かりを示さず、これぐらいハチャメチャな方が面白い。印象に残ったのはマエストロの後頭部のテカリと、渡邉康雄さんの力任せなペダル。

Panasonic DMC-GX7MK2 (14mm, f/4, 1/125 sec, ISO200)

杉並公会堂で良かった。これがサントリーとかだったら、数分で悪酔いしてたと思う。この週末、本番でこれを聴いた方々がどう思ったか知りたいところでもある。

繰り返しになるが、今回のこの催しの平均年齢たるやかなり高かった。それを少し下げてくれたのは、他ならぬステージ上の若手団員達だったりする。はぁ。

ロケットマン?

おーっと!  トランプさん@現職米国大統領、チビでXXXなロケットマン、それはかつての俺のことだぜ!

小学生の頃の俺にとって夏休みとは「改造ロケット花火の発射実験」のためにあったと言っても過言ではない。普通のロケット花火はただ飛翔しパーンと弾けるだけだが、そこに爆竹とかマッチの頭とか括り付けて発射、炸裂のタイミングが狙い通りになった時の快感は何者にも代え難かった。

が、そもそも市販のロケット花火(注: 尽く中国産)はそういう使い方を想定していないので、余計なものを背負わせると重量オーバーで発射できなかったり、すぐ落下して炎上する事になる。それがそこらの茅葺屋根だったりするとシャレにならない。

そこでこれを複数本束ねて推進力を増し、更には爆竹への導火線(自作)を長くするなどして可能な限り上空で派手に「どっぱぁん!」とすべく、研究と実験を繰り返した。

限りある小遣いを全てこれに費やし、宿題の時間も惜しんで朝から晩まで連日真摯に取り組んでいたこの俺を知っているのは近所の駄菓子屋のババア@故人だけである。なので残念ながら映像は残っていないが「ロケ6連装+爆竹@腐った柿でラッピング」が上空数十メートルまで段階的に推進、その頂点で空中に柿を撒き散らした時の感動は忘れられない。

あの時のロケット花火をxxx産ICBMに、柿をxxx産核弾頭にしたらいまの北朝鮮だ。さぞかし楽しいことだろう。だがそれはいいオトナのする事ではアリマセン

けど、マジであれって楽しいんだよなー …  小遣いがあるうちは。

Apacheはすかん

Apacheの設定は非常にわかりづらい。そして数年前にバージョンが2.4となった時にはディレクティブの書式があちこち変更になり、大量に流布している2.2までの証言を信じると動かない事がしばしば。

そんな辛い記憶も冷めやらぬうちに、今回またApacheの設定をする事に。そしてハマった。VirtualHostの設定がどうしても反映されない。エラーとか出ていないのに、何をどうやってもダメ。途中でイヤになって放り出した。

がそれから小一時間経ってから、もう一度良く見たら原因がわかった。confの真ん中へんの行に</VirtualHost>があって、目的とする設定はどれもその下。要は<VirtualHost>の前後がApacheにそっくり無視されていたのだ。あまりのアホさに自らを呪ったが、ApacheもApacheだ。コメントじゃないんだから、警告出すとかせえやと叫びたくなった。

という訳で、5分で済む筈の作業に1時間以上を費やした記念にこれを備忘録として残すことにした。あーハズカシ。

J.Offenbach “Orphée aux Enfers” overture

おなじみオッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」こと「地獄のオルフェ」序曲。但しこの曲はこういう事情で、オッフェンバック自身の手によるものではない。が、それは如何にも伝統的なオペラ序曲の流儀に従った構成で、良くできていると思う。今回使ったのは、そのまた4手連弾版。

思えば若い頃、FMで聴いたこれが気に入って近所のレコード屋へ行ったらモノがなく、その足で秋葉原まで出向いてマリナーのを買ってきた覚えが。今でもそうした状況はあまり変わっていないようで、CDで探すとなったらカラヤンの(古い!)ぐらいしか見当たらない。ミンコフスキのがおすすめと思ったらもう売ってないし。

やっぱり楽しいオッフェンバック、お時間のある方はこちらもどうぞ