あれっ? ESP32!

秋月のサイト、左上にチラッと「ESP-WROOM」と見えたので「何をいまさら?」と思いつつ、良く見るとそれに続いて「32」の文字が。おお〜っ! と、ここで理解した。遂に技適取れたんかいー!!!

気になるおネダンはと言えば¥700と、予想より安いし♪ これならDIP化基板とのセットで¥1,000ぐらいか。多分これ、ArduinoでBLEな向きでのベストチョイスになる。早く出ないかなー!!!

# 実はそのBLEのためGenuino101買ったばっかなんすけど(涙)

AE-JY-DIPの使い方

タミヤのツインモーターギヤーボックスのためのリモコンを自作しようと思い、買ったはいいがそのままになっていた秋月のアナログジョイスティックDIP化キットにようやく着手 … しようと思ったらロクな資料がついてない。やむなく「多分こうだべえ」で配線してみたら動いた。以下その備忘録。読み出しはM0から。

[CN1]側(手前列)、左より

1 = X: VCC
2 = X: Val
3 = X: GND
1 = Y: VCC
2 = Y: Val
3 = Y: GND

要は可変抵抗×2で、今回はVCCに3.3Vを入れた。そしてX:ValとY:ValをそれぞれanalogReadしてやれば値が読める。写真だと垂直方向がY軸で下が0、水平方向がX軸で右端が0。

感触いいし、指を離すと両軸とも中央に戻ってくれるのは有難いが、値は実にアバウト。なので16段階ぐらいに丸めて使うのが○でしょう。

追記:  指を離した状態で暫く放置しておくと、値が暴れ出す。つまりこれそのままでモーターとかステアとか動かすと、自発的に動いてくれる。これは有難い! … 訳ない。やっぱ×すかねぇ、コレ。