なにごとも経験!

屋外でのレンズ交換の機会が多い俺の場合、よくセンサーやミラーにゴミが付着する。だが前者はともかく、後者は宿命と割り切り、細かいのは気にしないようにしてきた。

が、細かいのに加え少し前から大きいのがファインダー内にへばりついてからは、どうしてもそこに目が行ってしまう。ブロワーでなんぼ吹いてもダメだし、本気で清掃することにした。

まず「ミラーか?」とこれをセンサークリーナーで拭いてみたが、消えない。「フォーカシングスクリーンか?」とこれも下から拭いてみたら(注1)、少し良くなったがその大きいのが消えない。「裏か?」と思ったが、そこを拭くにはこれを外さなければならない。えーとどーすんだっけなー? と思いつつ、指でそこらをつついてみたらパカっと蓋が開き、中からころんとフォーカシングスクリーンが出てきた(注2)。おっ、ラッキー♪ とばかりにそれを指でつまみ出し(注3)、裏まで拭いた。そしてこれを元に戻し、さあこれでカンペキでしょー!  とファインダーを覗いてみた。

唖然。あの大きいのは消えるどころか拡大、更にはその周囲に糸埃やら縞模様やらが満開。膝からがくがくと力が抜けてきた。やるんじゃなかったー! と天を仰いだが後の祭り。こうなった以上メーカー送りがいちばん確実なんだろうが、それには多大な時間と¥が。ああっ、どうすりゃいいのさ orz…

と、そこでハタと思いついたのは「フォーカシングスクリーンを新しいのと交換すれば吉なのでは?」だった。調べてみたところ、俺がダメにしたEg-AIIの他にも装着可能なのが幾つかあって、中でもEg-Sというやつがよさげに見えたので、早速これを買いに走った。

Canon EOS 6D (24mm, f/13, 1/125 sec, ISO6400)

その帰路、某喫茶店でアイスコーヒーを飲みながら取説を読んだ。ふむふむ、専用工具で外して付けてと。なんだ簡単じゃん!  と思いつつ店を出ようとしたその時「う、もしかしてここの方が俺んちより衛生的かつ広くね?」という思いが頭をよぎった。6Dは持って来てるし、そうだここでやっちまおう、よーしやるべやるべ!  で開始。

数分後、それは無事完了した。カスタムファンクションでEg-Sを選択、店を出て6Dを空に向けファインダーを覗いてみると  …  ヤッター!  キレイだわ♪  Eg-Sの「ピントの山がつかみ易い」というのも実感できて、メデタシメデタシで帰宅したのでした。うーん、いい勉強になった。

注1:  フォーカシングスクリーンを拭いてはイケマセン
注2:  カメラを上向きにしてから外しましょう
注3:  専用工具を使いましょう

追記:  Eg-Sは開放F2.8以下でないとファインダーが暗いというので、タムロンの70-300で試してみた。なるほど暗い(笑)が、これって昔の望遠の時のそれ。懐かしさで、却って嬉しくなってしまった。Eg-S、気に入ったぜ。

更に追記:  その70-300を久々にマウントしてみて、あれほど重いと思っていたそれを「軽い!」と感じてしまった。写りはいいがやっぱ重すぎるんだよね、アレ。んー。