SPIのLCDの現状を再確認してみる

ちと調べたい事があって、数年前にいちど動かしたきり塩漬けになっていた3.5inchLCDを引っ張り出してみた。ついでにRaspbianもStretchなる新しいのが出ていたので、まずはJessieからのバージョンアップから。

updateとupgradeで約3時間、HDMIでXが使えるところまで確認してLCD(KUMANとかいうところの480×320タッチパネルつき激安)を装着。すっかり手順を忘れていたので手間はかかったが、動かす事ができた。そして「あー、やっぱりな〜」と溜息。

あの時、最初この怪しいシロモノがタッチパネルともども動いた時は感動した。が、暫く使ってみるとその描画のトロさに辟易、一日で「こんなの使い物にならんわ」と外してしまった。HDMIのやつがどれも高かったのでSPIのこれはどうかなと試してみたんだが、結論は「とてもじゃないがXではX(笑)」な結果に。

# GPIOそっくり持っていかれるし

HDMIなら快適なのはわかっていたので、そのうち安いのが出たらまた試してみるべえ、と思っているうちに何年かが過ぎた。

今回知りたかったのは、その「SPIの遅さ」がどこまでなのか。mp4とかゲームとかでなく、グラフとか静止画とかのモニターとしてなら使い物になるのかどうか、そこの見極めだった。が、やはりこれではアキマヘン。スマホやタブレットに慣れた人が見たら「何じゃこりゃ!?」と言われるのがオチなレベル。スクロールで波打ってちゃ論外である。

やはり選択肢はHDMIしかないんだろか。コストが問題ですわな〜 …

追記: そのHDMIでこれまた激安&ケース付きを試してみた。

Panasonic DMC-GX7MK2 (30mm, f/4, 1/60 sec, ISO5000)
パネルがヨレているのはご愛嬌

快適というほどではないが、SPIよりは遥かにマシ。またこうなってくると、むしろRaspberryPi(2 B+)のほうが問題になってくる。恐らくSDへの書き込みがネックなので、それを避ければまあなんとかという感じ。

G.Faure “Souvenirs de Bayreuth”

フォーレ&メサジェによる4手連弾「バイロイトの思い出」。フォーレのピアノ曲全集に入っていたこれを初めて聴いた時は「ナンジャコリャ!?」と思ったが、途中からはもう大笑い。思い出とはよく言ったもので、要はバイロイトから帰ってすぐ「指輪」の聞き覚えで作った(のであろう)カドリーユである。ヒトラーがこれで踊る姿を見てみたいもんだ。これは「ワグナーが苦手」という人にこそオススメ。

ちなみに「Fantaisie en forme de quadrille」なる副題が付いているが、これでは幻想どころかパロディである。なんでこんなのを、よりによってあのガブリエル・フォーレが作ったのやら? 作品番号も付いてないし、出版されたのは死後だし、謎だ。

備忘録 – CentOS+mecab+textseach_ja+PostgreSQL

これまで新たなサーバを立てるたびにしてきた作業、その2018年1月版。

mecab

/etc/yum.repos.dにgroongaを追加すれば辞書(ipadic)までyum一発(拍手)。

textsearch_ja

https://github.com/oknj/textsearch_ja (以前の配布元からここに移動した模様)からソース一式を取得、make。

# いまやPGroonga を使うべきなのかもしれないが旧い人間なもので …

textsearch_jaのPostgreSQLへのインストール

psql xxx -f /usr/share/pgsql/contrib/textsearch_ja.sql

エラーが出たら「LANGUAGE  ‘C’  STRICT」を「LANGUAGE  ‘c’  STRICT」とする。