平○五輪(自粛)

いよいよ始まった○壌オリンピック。例によってニュースもワイドショーも連日これ一色だが、そこで参加選手以上に注目を集めているのがあの「美女どーたら団」。サイボーグの集団みたいで気味悪いったらないが、あの異様な光景を見ていると思い起こされるのは今から30年前にバーレーンで身柄を確保された、あの女性のこと。

ソウルオリンピック開幕を間近に控えた1987年末、その妨害のため大韓航空機を爆破・墜落せよという任務を遂行した金賢姫=元北朝鮮工作員はいまどんな思いでこの大会を、いやこの騒動を見ているのだろう?  他の脱北者ら以上に、その心中たるや穏やかであろう筈がない。

北朝鮮では今、何万もの幼児が飢餓の危機に直面しているという。さりとて周辺国が経済制裁を緩和すれば核武装が加速と、もはや「打つ手なし」な現状。国民を人質にしたこの卑劣なやり方に、誰より憤っているのはこの人ではないだろか。

まーとにかく、あらゆる点で不愉快極まりない今回のオリンピック。名ばかりの「平和の祭典」など早く終わりにして、さっさとあの独裁者を抹殺しろと言いたい。それ以外に策などないんだし。