Bizet “Choral” from “Carmen” act4

ビゼーの歌劇「カルメン」より、第4幕冒頭。この幕前の間奏曲(アラゴネーズ)は単独でもよく演奏されるし、このあとの「来たぞ、来たぞ」はおなじみ「闘牛士の歌」。そんな訳で一般に馴染みは薄いかもしれないが、弾むようなリズムが印象的な、とても楽しい曲。

Roussel “Le Festin de l’araignée” complete

こちらからどうぞ

 アルベール・ルーセル(1869-1937/France)のバレエ「蜘蛛の饗宴」の、作曲者自身によるピアノ独奏版全曲。ためしに冒頭とワルツだけでも、と思って始めたら結局全部やってしまった。そんな経緯で、バラバラに作ってきた4つのシーケンス(↓方面参照)を結合し、細部に手を入れたもの。トータル28分(笑)。

最後までモチベーションが保てたのは、何よりこの作品の魅力。原曲のオーケストレーションには印象主義がどうの影響がこうのとよく言われるが、これにはそんなの微塵も感じられない(でしょ?)。

ただこうして全曲を眺めてみると、最後の方に少々手抜き感アリ。ひょっとして前半に凝りすぎ、ルーセルさん時間切れになったのではないだろか? 改訂の依頼もなく、小遣い稼ぎに耳あたりのいいところだけを切り取って繋いだのがあの演奏会用組曲と、恐らくそんなとこだろう。もったいない話だわ。

今回の苦労が、ルーセル再評価のきっかけになってくれればと願ってやまない。

# きゃーカッコいー♪

Roussel “Le Festin de l’araignée” #4

こちらからどうぞ

 ルーセルのバレエ「蜘蛛の饗宴」より第2部後半。哀れ蜉蝣の最期と葬儀、そして辺りにはいつもの闇と静寂が訪れる ・・・ 嗚呼っ、なんてせつないバレエなんでしょう。

これでどうにか全曲拾い終わったが、組曲版でごっそりカットされたのが殆どジャズなとこばかりというのがよーくわかった。これらはピアノの方がずっといい。オケでやったらガーシュインみたいだ。

あーでもまだまだ譜読みのミスがありそう。不協和音だらけでチェックが大変なんだわ。

Tirez sur le pianiste de faux!