Hommage à Claude Debussy (under construction)

Claude Achille Debussy (1862-1918)

牧神の午後への前奏曲(ラヴェル編による4手版)

実はこの曲にはドビュッシー自身の2台ピアノ版が存在するんだが、このラヴェルによる4手版の方がずっと技巧的かつ色彩鮮やか。どちらも演奏の機会は少ない(と思う)が、ピアノによる「牧神」もまたいい。

ピアノのために

世のピアニストは大きく2つに分類できると思う。一方はこの曲が好きでよく採り上げるピアニスト、そしてもう一方はこの曲を滅多にもしくは全く弾かないピアニスト、である。これをミスタッチゼロでというのは至難だろう。それぐらい難曲だと思うが、テクだけで済む曲でないのは確か。

そして聴く立場からするとこの曲、聴いていて「スカッとして気持ちいい」という人と「ドビュッシーらしくないから好かん」という人の、これまた2つに大別されると思う。俺は最初後者だったが、幾度か生で聴くにつれ隠れていたその「らしさ」がだんだんと見えてきてハマったクチ。

小組曲

スコットランド風行進曲

これ、オケ版を初めて聴いた日以来大好きな曲なんだが、この連弾版も含め生で聴いた事がない。

Tirez sur le pianiste de faux!