スマホが嫌いなわたし

この春機種変更したばかりのスマホが、突然使えなくなった。正確に言うとSIMが認識されていないらしく、通話ができない。むろん料金は最近ちゃんと払っている。そこで購入以来、初めてSIMを取り出してみた。

するとそれは一緒に出てきたSDともども、ホコリだらけの床に転げ落ちた。慌てて両方拾い上げたが、この記録的猛暑で手は汗まみれ。それを「ティッシュで拭ってトレイに戻す → 再度本体に挿入 → 電源を再投入 → ダメ → また開ける」から数行上にまた戻ってを4回ぐらい繰り返してようやく使えるようになった。この間約30分。接触不良? 一度も開けてないのに???

改めてスマホが「嫌い」から「大嫌い」になった。と共にこれを非常時、それも屋外で食らったらどうなるのだろう? と考えて怖くなった。肝心な時に電話として使えない携帯に高額な利用料金って、いったいなんなんだ!

追記: その二日後に再発、たまらずショップへ。SIM交換で復活したが、これでまた起きるようなら本体の修理と仰る。呆れてモノが言えない。