松本清張 黒い画集 ~ 証言 ~

松本清張の作品は、若い頃に片っ端から読み漁った。なので映画はもちろん、TVドラマでもそのタイトルを見ただけでどれもあらすじの大まかなところが思い出せる。むろん本作「証言」も。

ただそうした映画もドラマも、清張ファンたるワタクシ的にこれまで◎なのを観たことがない。これも果たしてどんなもんかと訝ったが今回はNHK、それもよりによって主役が谷原章介というところで「え」と思った。アタック25のめざまし8の、あのケレン味皆無で「善良なお父さんの象徴」みたいな谷原章介で「証言」ってナニそれ!? と思い録画予約(注1)、それを今日見た。そして …

まー驚いた。それがなぜかはネタバレになるので以下、未見なひとは読まないこと。

本作のあらすじ、それは「浮気がバレたら困る主人公が、自身のウソから地位家族そっくり瓦解」という、古今東西よくある話。ところが原作ではそのきっかけが地方医師の単なる「浮気」だったものが今回、ずっと年下の男がその相手ときた。この「えーっ!?」なヒネリと18禁な描写(注2)で偽証の動機が強調され、この医師にウソの上塗りをさせる。もうこの時点で松本清張もビックリな「ヤバさ」から目が離せなくなった。

ドラマの設定年代は「いま」だが、この医師一家の発祥は(恐らく)昭和。家族はもちろんのこと、一族郎党「LGBT」なる流行語とは無縁な生活をしていた筈。ただ、その主人公ひとりを除いて。そこに谷原章介を起用したセンスこそが本作のキモだ。

ドラマの後半、真に愛し合っていた筈の二人の間に「恥」という単語が現れ、そこからクライマックスまで一気に展開が加速する。そして「あわわ」な末にスタッフロールが流れた時「これは原作を超えたな」と感じた。清張作品によくある「刑事らからの追求」との対位法的構造がなかったのは残念だが、こういうアプローチで昭和の名作を現代に蘇らせたNHKに拍手!

注1: 初放映は昨年の春で、これは再放送らしい
注2: よくアレをNHKで撮り、放映したなと