世界の中心で改めて「WindowsはXXX!」と叫ぶ

またかと言われそうだが、俺はWinがすかん。その理由はたくさんあるが、イチバンのそれがCP932とかいう内部エンコーディング。今回、久々にその地雷を踏んでしまった。足を離して木っ端微塵になる前に、自戒を込めてグチる。

普通な欧米人には理解できないであろう変な文字列(ex:日本語)をインターネットな世界で一緒くたに扱うのにUTF-8は、いまやごく普通であり常識である。そう、何もかもUTF-8でやっていればみんなハッピー、誰も困らないのである。実際AndroidもiOSもMacもLinuxもとっくにそうなっている。が、WinだけがいまだにCP932という「無意味どころか害でしかない」エンコーディングを改めようとしていない。結果、それをそのままファイルに書き出し→インターネットな処理系でそれを読む→機種依存文字の変換不可→DEAD … ある時期までは「よくある話」だった。

が、それって20年も前のこと。それをこの期に及んで食らうとは迂闊だった。更にタチが悪いのは、こういうのを「致命的な問題」と言っても、まず意味がその相手に通じないこと。「手遅れか!」と気づいた時はもう遅い。

まとめ:MSなServerとかSQLとかなシステム = 対人地雷。いずれ絶滅するが、それまでは探知に努め踏まないよう注意すること.。