ギーロッポでヴァーチャル登山な休日

この齢になっても「いちど生で聴いてみたい」と長年思っていながら、未だ果たせていない曲がまだまだたくさんある。特にリヒャルト・シュトラウスのそれが多いんだが、中でもかつては「派手なだけでxxxx」と揶揄されていた「アルプス交響曲」を遂に今日、サントリーホールで聴いてきた。指揮はおなじみ山下一史、オケは「俊友会管弦楽団」なるアマチュア。

結論から言うと、それは同じく初ナマな前半の「4つの最後の歌」ともども素晴らしい出来だった。アマチュアオケがこのホールでリヒャルト・シュトラウスのみなプログラムに挑む、それだけでも大変だろうと思う。が、今日の演奏はそういうのを差っ引いても素晴らしかった。

なぜならそこからは作曲者が「こう鳴らせ」と譜面に託した意図が、しっかり伝わってきたから。特に「アルペン」でのそれらは、ハラハラしながらの聴衆をも巻き込んでの「過酷な登山の追体験」。こういうのはアマチュアならではなのかも、とも。

こういう楽しいひとときを楽しみに、また明日からを生きていきたい。以上!