群馬県は近きにありて遠かった

この週末のミッション、それは

* クルマに高齢者2名を積んで長野県諏訪市を出発
* おとなり群馬県吾妻郡で結婚式(自分のではない)
* その日のうちに戻る

というもので、直線距離にして片道100kmちょい。楽勝でしょうと思っていた。が、カーナビのおススメルートは

佐久まで山中の一般道 → 中部横断自動車道 → 上信越道 → 関越 → 一般道

な約300km、3時間超。これが山岳地帯の宿命である。走り出すとさっそく最初の区間でトラックやら軽やらに行く手を阻まれ、予定時刻の30分オーバーで到着。休む間もなく宴は始まった。

Canon EOS 6D (90mm, f/4, 1/350 sec, ISO1250)

Canon EOS 6D (70mm, f/4, 1/180 sec, ISO6400)

Canon EOS 6D (90mm, f/5.6, 1/90 sec, ISO6400)

それは大盛況感動ウルウルのうちに終了。がここまででHPを大量に使ってしまっていたので、帰路は高速優先でと検索したところ

一般道 → 関越 → 上信越道 → 中央道 → 一般道

で約400km(!)。以後ずっと「何が悲しゅうてわしらこんな遠回りしとんねん … 」と嘆きつつ、走り続けることまたまた3時間超。無事ミッション完了とはなったものの、クルマを降りた時点で完全にKO。そのまま泥のように寝た。

中部横断自動車道が全線開通となればこれも大幅に改善されるんだろうが、果たしていつのことになりますやら。次回、同様のミッションの際にはどっかで1泊が必須ですなこれは。隣県なのにー!