Pacific231をこの手で走らす

数日前のこと、全音からポケットスコアでオネゲルの「パシフィック231」が出ているのを知り、直ちに購入した。それをいつもの如く帰宅途中の車内で読んでいて、ふと手が止まったのは「スコア制作ノート」頁の「作曲者が編曲した4手ピアノ版を資料として比較検討 …」なる記述を目にした時。慌てて調べてみると、確かにそれは仏サラベール社から出版されていた。

「それを早く言えー!」

と心の中で叫び、すぐさま注文したのが今日届いた。

Apple iPad Air 2 (3.3mm, f/2.4, 1/1087 sec, ISO25)

そこでさっそく音拾いを始めてみたんだが、これがまあ最初から最後まで「臨時記号で不協和音」のオンパレード! てか、臨時記号のついてない音符のほうが少ない。譜読みに骨を折りそうなのは覚悟していたが、今度ばかりは予想を遥かに超えていた。恐らくプロのピアニストでも、これはさすがに「初見一発でカンペキ!」とはいかないだろう。

ただ音符の数はさほどでもなく、緩急強弱の指示も最低限で恰も「骨格標本」な感じでこれは肉付けが楽しみだ!  が、それは当分先になりそうですな。さしずめ今は「発車前の点検中」といったところ。まずはこの金属的不協和音を全部掌中に収めなければ ….

追記(11/10): これまで不協和音が効果的に使われる曲は幾つもやったが、それらにはいずれも何らか規則性があり、それを掴むとこっちのものだった。が、この曲にはそれがない。恰も主旋律(や対旋律)との間で協和音とならないよう、徹底的に背後の音を散らしている感じ。これらはもはや「伴奏」ではなくただの、いや「計算された」効果音である。やはりオネゲル、只者ではない。